今日臨沂>写真臨沂>

臨沂空気の品質改善幅が大きいで 空気の品質補償資金が一番多く

 

臨沂社区のカメラマンの臨沂-龍錦によって撮影された。

中国臨沂網7月30日掲載 今年の上半期に、全省から言えば、臨沂空気の品質改善幅が大きいである。空気の品質補償資金が一番多くて、3464万元で、全省の第一位になった。

山東省政府ニュースで開催された記者会見によると、2020年1-6月、山東省全体の微小粒子状物質(PM2.5)、吸入性粒子状物質(PM10)、二酸化硫黄、二酸化窒素(NO2)、オゾン(O3)、一酸化炭素(CO)の濃度はそれぞれ1立方メートルあたり48、88、12、28、117マイクログラムと1.5ミリグラムで、前年同期比17.2%、20.0%、25.0%、22.2%、4.8%、11.8%低下した。環境大気質の総合指数は平均5.04、前年同期比15.6%を減らした。重汚染日数は平均5.6日、同比3.8日減少した。


责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】