今日臨沂>写真臨沂>

交通警察は「護学モード」を起動し、小中学生の入学安全を確保する


9月1日、蒙陰県の小中学生が新型コロナを防御する以来に、全面的な「入学シーズン」を迎えた。車が多く、人も多く、学校の交通安全状況が複雑で、小中学生の交通安全問題が目立った。この現実に対して、臨沂市公安局交通警察支隊の蒙陰大隊は各学校の周辺の安全特徴に基づいて、詳しい交通安全防衛方案を制定し、警察力を集めて、「護学モード」を起動し、小中学生の入学安全を確保する。


责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】