今日臨沂>写真臨沂>

臨沂輸入商品博覧会は10月18日に開幕する


中国臨沂網9月7日掲載 世界各国の逸品があり、潜在力とチャンスがぶつかり合う盛会は臨沂で開幕する。

臨沂貿易商業サービス型国家物流中心都市、国家戦略「一帯一路」総合試験区、クロスボーダー電子商取引総合試験区の優位を十分に拡大し、科学的に疫病の貿易に対する影響を応対し、開放型経済の高品質発展を推し進めるために臨沂市は10月18日から20日まで第一回臨沂輸入商品博覧会を開催する。その時に、世界の各地からの優れた製品が臨沂に集められ、各地からの仕入れ商人と専門の観衆もここに集める。

臨沂輸入商品博覧会では、総合展示区、輸入日用洗濯・化粧品区、輸入食品飲料区、輸入日用品区、輸入母子用品区、輸出から国内へ販売区など六つの専門展示エリアは設けられる。その中で、総合展示区は国家館、クロスボーダー電子商取引区、国際貿易サービス区、輸入商品市場区、総合保税区など設けられる。展覧面積が約2.5万平方メートルで、国際標準展示ブースが1200個に達する。同時に、疫病の影響に積極的に対応し、同時にオンライン臨沂輸入展覧会も開催され、オンラインクラウド展示、オンライン交渉、「オンライン調印契約を繰り広げ、展示や宣や、商談などの効果を高める。

臨沂輸入商品博覧会は商品貿易に対外開放の舞台を作る。

臨沂輸入商品博覧会は商品貿易に対外開放の舞台を作る。


责任编辑:

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】