今日臨沂>写真臨沂>

臨沂市書記の王安徳は代表団を率いて、上海へ

中国臨沂網9月8日掲載  臨沂市書記の王安徳は代表団を率いて、緑地輸入商品貿易港、上海緑地外灘センター、中南高科グローバル商業誘致センター・上海展示ホールと月星環球港などの現地視察に行って、詳しく企業の発展歴程、経営管理と発展戦略などの状況を了解した。そして、関連プロジェクトの協力について企業の責任者と深く商談し交流した。

商談の中で、王安徳は「臨沂は山東省の人口が一番多く、面積が一番大きい都市だ。貿易と物流が発達し、生態環境がよいで、産業体系が完備している。今年以来、臨沂は新たな発展理念を貫き、「農村振興の齊魯見本を作る中で先頭に立つ」という目標の位置づけに従い、農村振興についた三つ計画をした。即ち、長江デルタ中心都市の農産物供給基地、レジャー旅行の「後花園」と産業移転の「大後方」を重点的に建設する。臨沂市は産業の配置と導入プロジェクトの計画を進めている。潜在力がとても強いだ。


臨沂と良好な協力を維持した上で、協力分野を深く開拓し、より深層的、より広い範囲で実務協力を展開し、優勢の相補、互恵共栄を実現するように願う。臨沂も持続的に商業環境を最適化にさせ、積極的にフォローサービスを行い、より速く協力プロジェクトの着地を推し進める」と述べた。

责任编辑:梁子硕

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】