今日臨沂>写真臨沂>

第15回中国(臨沂)国際茶産業博覧会は18日に開幕する


中国臨沂網9月15日掲載 茶道が好きである臨沂市民にとって、9月18日から21日まで臨沂国際博覧センターで行われる2020第15回中国(臨沂)国際茶産業博覧会は一つの茶道の宴会である。

一杯のお茶を入れて、コップを通してお茶の葉の転げを見て、ゆっくり味わうのは素晴らしい楽しみだ。今回の臨沂茶産業博覧会には六つの茶系が全部登場する。全国の69所のお茶生産区から来る数百社のお茶のメーカーは一堂に集まる。博覧会には、沂蒙緑茶、祁門紅茶、雲南プーアル、湖南黒茶、広西梧州六堡茶、武夷岩茶の大紅袍、台湾の凍頂烏龍、阿里山高茶、福鼎白茶及びスリランカ紅茶などの六つの種類の有名な茶が登場する。

臨沂は「南方の茶を北方へ引く」プロジェクトの重要なパイロットエリアの一つであり、茶産業も臨沂伝統の特色ある農業発展プロジェクトである。今、全市の茶葉の総栽培面積がすでに10万ムー以上に達しており、莒南県、沂南県、臨沭県はすでに「沂蒙緑茶」の生産基地となり、生産販売企業が千社以上に達する。臨沂市農業農村局は重点的に「沂蒙緑茶」の展覧を繰り広げ、臨沂茶産業の発展の優秀な成果を展示し、「沂蒙緑茶」のブランドを紹介し、もっと多くの人々に沂蒙緑茶を理解させ、沂蒙緑茶が好きだ。  

展示会を飾り付ける仕事はもうすぐ始まった。出展の企業もよくスケジュールを組んだ。一緒に期待しよう!


责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】