今日臨沂>写真臨沂>

第一回中国国際文化観光博覧会で、臨沂展示エリア

第一回中国国際文化観光博覧会は9月17日から9月21日まで済南で開催される。その中で、臨沂展示区で現場展示、文化創意、文化科学技術、沂蒙特産品、無形文化財など五つのエリアに分けて全面的な宣伝を行う。

臨沂展示エリアに、出展する企業が32社ある。

9月17日、第一回の中国国際文化観光博覧会が正式に始まった。臨沂展示エリアにある32社の出展企業のブースの前に、多くの済南市民と他の出展企業の代表達は集まる。

「切り紙が扇子と結びついて、完璧だ。切り紙の元素を入れて、古風の扇子はもっと趣がある。」苗氏の切り紙ブースを訪れた済南市民の杜さんによると、無形文化遺産の革新がとてもよいだ。

臨沂展示区では、このほか、臨沂市蘭陵県から来た陶笛や楊進邦の柳編み工芸品などの臨沂特色のある展示品が人気だ。

臨沂展示区の無形文化財展覧区で、63歳の楊啓余は現場で桑皮紙の制作過程を展示しいた。この紙は天然乳白色で、材質がしなやかだ。楊啓余によると、保存が適切であると、千年も色褪せない。だから、この紙は「千年の古紙」という名声がある。この工芸はもう350年に伝承した。


责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】