今日臨沂>写真臨沂>

張家棚村は山で発展し、サンザシでも有名な村になる


 

サンザシが赤くなり、成熟した。

 


張家棚村は山で発展し、サンザシでも有名な村になる。

9月22日、中国の農民の豊作祭に際して、臨沂毎日新聞グループは山東省朱老大食品有限会社、美家買菜、 ネット大手電子商取引プラットフォーム、河東吾悦広場、晴雲軒知恵連盟を率いて、平邑県銅石鎮張家棚村に入り、サンザシ産業の発展に焦点を合わせ、農村の振興に助力し、全力で「四進」任務をしっかりと完成した。

 

村民はサンザシを摘み取った。

 

現場で、甘いサンザシ串を作った。

 


近年以来に、張家棚村のサンザシ加工産業チェーンは絶えず伸びており、摘み取りや買い付けや冷蔵やスライスなどのプロセスを経て、さらに果物産業のグレードアップを促進した。現在、この村の周囲には紅山果食品有限公司、平邑県明政栽培専業合作社などがあり、サンザシの産業をめぐって、農民に収入を増加させる。


责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】