今日臨沂>写真臨沂>

臨沂は「中国速達示範都市」という称号を授与され


中国臨沂網10月20日掲載  9月25日に、国家郵政局は臨沂に「中国速達示範都市」という称号を授与した。臨沂市は全国の25個の模範都市の一つになった。

近年に、臨沂は新旧原動力転換を加速し、商業貿易と物流を都市発展の二つのエンジンとして、相次いで「中国市場名城」「中国物流の都市」の称号を獲得し、国家物流標準化パイロット都市と知恵物流配送模範都市に選ばれて、ネット人気販売者の人数が全国トップにあり、山東省の初の「中国電子商取引モデル都市」に選ばれた。

臨沂は貿易物流商業の優位によって、速達業界の急速な発展を促す。臨沂速達業界は独自の特色を持つ地域発展の道を踏み出した。全部の数字はわが市の速達産業の発展の著しい効果を示す。

2016から2019まで、臨沂市の速達業務量、速達業務収入は平均的に50%以上増加し、いずれも全省第1位になった。今年に、速達業界は真剣に臨沂市政策の配置を貫き、疫病の予防とコントロールの巨大な圧力に耐え、山東省の「一帯一路」総合試験区政策と商業貿易サービス型国家物流センターの建設の機会を利用して、しっかり動画生放送電子商取引の発展のチャンスをつかむ。

今年の1月から8月にかけて、全市の速達企業は業務量が4.79億を完成して、65.08%伸びて、全省で第1位に位置した。業務収入が25.66億元に達し、前年比で39.37%伸びて、山東省の第3位にある。


新エネルギーエクスプレスサービス車両

臨沂中通速達は自動的に小包を選別する。

小包を預ける知恵箱

臨沂市郵便産業安全情報センター

臨沂順豊選別センター


责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】