今日臨沂>写真臨沂>

2020年に中国高校サッカー選手権大会は臨沂市で開催され


中国臨沂網10月23日掲載 10月22日午前10時に、2020年に中国高校サッカー選手権大会及び第18回世界中学生運動会サッカー選手権大会は臨沂市青少年模範総合実践基地で開催された。全国の32所の学校から来た24個の男子チームと8個の女子チームは参加した。

中国高校サッカー選手権大会及び第18回世界中学生運動会サッカープロジェクト選抜試合は山東省臨沂市青少年模範総合実践基地で開催された。

臨沂はサッカー教育の発展を重視して、定期的に市長カップ、県長カップ、校長カップの三級リーグ大会を開催して、サッカー雰囲気が濃いだ。中国高校サッカー選手権は全国で最も影響力が広く、権威が最も強いキャンパスサッカー試合だ。今回の試合は臨沂で開催されたことはスポーツ人材育成、キャンパスサッカー普及などの面で重要な役割を発揮した。

今回の大会は中国のキャンパスサッカーのレベルを展示し、検査し、高め、サッカーの人材を発掘、育成する絶好の機会だ。二年間に連続し、中国高校サッカー選手権が開催され、大会の知名度と影響力を力強く拡大し、実際の行動でキャンパスサッカーの発展に助力した。


责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】