今日臨沂>写真臨沂>

中日韓文化産業園は本格的に着工した


中国臨沂網3月22日掲載   中日韓文化を名刺として、三カ国の文化特色のある娯楽・商業・体験・生活・展覧の複合地域センターを作り上げる。臨沂では、一つのところで東アジア三カ国の異なる文化を体験することができる。3月20日に、臨沂西城商谷にある泰鲁・中日韓文化産業園は本格的に建設を開始した。建設の完了の後に、ここは産業、文化、活力、レジャーを集大成した都市センター、全国の中日韓文化のスポットライトになる。

中日韓は東アジアの友好隣国で、共通の漢字文化の伝統を持っていて、三カ国の文化が複雑なつながりを持った。臨沂は山東省の東南部に位置していて、独特の地理的優位により、中日韓交流協力の最前線となる。

臨沂西城商谷にある泰鲁・中日韓文化産業園は美化粧康美区、韓国文化体験区、潮流運動区、中国漢文化体験区、温泉康養区、日本文化体験区の六つのエリアに分かれる。三つの国家の伝統文化や潮流文化や先進技術が中日韓文化産業園に導入された。


责任编辑:

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】