今日臨沂>写真臨沂>

臨沂市公安部門は洪水予防と救援の応急訓練を繰り広げた

中国臨沂網6月18日掲載       増水期が来ているので、各方面は、6月末の主な増水期が来る前に、関連訓練をしようと努力し、交流・協力を積極的に強化して、豪雨や悪天候に備える。

さらに人民警察の洪水に対する応急処置能力を向上させるために、科学的に増水期の到来に対応し、迅速かつ効率的に緊急救助を実施し、人民大衆の生命と財産の安全を全力に保護するために、6月17日の午前に、臨沂市河東区の公安部門は巡査大隊、治安大隊、指揮センターなどの部門の70人余りの警察を集め、洪水予防と救援の応急訓練を繰り広げた。特別巡査大隊長の張士全が現場で指揮訓練を行う。

     今度の訓練は豪雨の極めて悪い天気の影響を受けて、管轄区で洪水の危険が発生することを背景にして、チームの緊急集結、緊急救援物資の配分及び人員の分業、堤防の固め、人員救助、無人機高空偵察など多くの科目を対象として繰り広げられた。訓練に参与した人民警察、補助警察は真面目に事前方案に従い、指揮に従い、命令に従い、協力し、効率的に秩序よく任務を完成した。


责任编辑:

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】