今日臨沂>県区>

河東区



沂市河東区は沂河の東側にあり、鎮・町が八つあり、189個の村あり、省級臨沂温泉観光リゾート、河東工業園区(臨沂臨空経済区)、臨沂農業ハイテク産業模範区があり、面積が617平方キロメートルで、人口が58万人に達する。

河東は交通が便利で、区域の優位性が明らかでだ。河東は沂河に従って建てられ、蘭山区と沂河を隔てて眺められ、臨沂中心城区の重要な構成部分だ。臨沂空港、臨沂汽車北駅も境内にある。二本の鉄道、四本の高速道路と五本国省道が縦横に交差している。日照、嵐山、連雲港までは100キロ以内。

ここは東夷文化の重要な発祥地であり、境内には今から1万年前の鳳凰嶺文化遺跡があり、「龍灯担閣」も国家級無形文化遺産リストに登録された。

伝統産業の特色が鮮明で、食品加工、金物・機械の二つの産業クラスターが急速に発展した。中国の脱水野菜加工城、中国の五金産業城、中国の鋳造産業クラスターパイロットエリアであり、アジア最大の脱水野菜加工基地だ。貿易物流産業が盛んで、揚子江の以北で最大の金物・鋼材集散基地が建てられた。臨沂城東物流園区は山東省サービス業園区に入れられた。

河東の産業の優位性は明らかです。近代的な農業の発展は速くて、全区の優良品質の農産物基地が32万ムーで、規模以上の農産物の加工企業が121社で、無公害の農産物が88個で、全国の重要な野菜基地区で、全国の第1陣の農産物品質安全輸出模範区と全国の生態建設の模範区だ。


责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】