4月18日から22日まで、臨沂市人民政府と日本東京中国文化センターによって共同に主催された「2016中国臨沂(東京)文化ウイークと書聖の ...[記事全文]

開放団地

もっと見る
臨沂高新技術産業開発区は2011年6月に国務院より国家高新技術産業開発区に承認され、総合面積は166平方キロメートルです。現在、 ...
臨沂経済技術開発区は2003年6月から建設し始め、現在の面積は223平方キロメートルです。2010年12月に国務院より国家経済技術開発 ...
臨沂臨港経済開発区の総合面積は364平方キロメートル、区内の交通は発達し、鉄道と道路が貫通しています。区域内の鉱産物資源は非...
臨沂市は投資の誘致を経済産業のライフラインとして力を入れています。最適な投資環境を作り、激励政策を整えています。商業誘致・委託誘致と仲介誘致を強力に推進し、持続的に親商・安商と富商の雰囲気を作り、商業環境を臨沂最強のソフトパワーと最高の都市名刺に作り上げ、実業化が投資するのに最適な場所になっています
2013年の誘致項目は主に、沂南(きょなん)軽工業商品現代物流センター建設項目・天馬(てんば)農産業物流配送センター建設項目・歴家寨公社(れきかさい こうしゃ)主題文化小鎮(しょうちん)総合開発項目・彩溝(さいこう)観光地区総合開発項目・朱田鎮(しゅたちん)林果生態観光開発項・、岱崮(たいぐ)地貌及び風景民情 ...
国家、省、市及び高新技術産業開発区はハイテク企業に定めた元の優遇政策を受けることができます。「科学技術に関わった創業基金」を設けて、無料な補助金や手当や資本などの方式で、ハイテク企業の発展を支えます。