臨沂商業>市場国際化>国際化概況>

臨沂ビジネス市場を国際化へと発展させる戦略

臨沂商業都市電子取引センター

近年、臨沂ビジネス市場が国際化へと絶え間なく進んでいます。税関総局は臨沂ビジネス市場の生活物品を「観光ショッピング商品」の輸出モデルとして通関しました。また、質量検査総局、財務税務部門、省・市政府は特恵待遇政策を打ち出しました。臨沂地区には卸売市場が101カ所あり、その中でもすでに75カ所が国際貿易に携わっています。

臨沂市も対外貿易インフラが次第に完備されてきました。年間作業量50万標準コンテナの臨沂港(内陸港)がすでに運行し始め、税関・検疫検査が設置され、申告・検査・通関を一度に済ませる「ワン・ステーション」サービスが実現できました。臨沂総合保税地域も建設されているところです。臨沂国際貿易サービス・ホールが営業開始し、外国関連の各審査部門がサービスを提供するようになりました。外国人向けの医療・教育・飲食などのインフラを完備させ、外国人や海外からのビジネスマンのために、ビジネス・生活・娯楽などの面で快適な環境を作れるようにいろいろと工夫しました。

 

 

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】