臨沂商業>ニュース>

「貧困脱却ブルーベリー」を摘み取って

5月26日に、臨沭県大興鎮大興村の66歳の謝宝美は、順沢農場で「貧困脱却ブルーベリー」を摘み取っていた。農場主の陳玲さんによると、老人の謝宝美がここで、アルバイトをしている。一日の収入が70元に達する。

地元の政府は「協力社+基地+貧困農民」の発展モデルを作る。ブルーベリーの栽培面積が1.4万ムーに達する。11軒のフルーベリー協力社と家庭農場がある。貧困な農民はここで、アルバイトをできる。従って、貧困脱却の目標を実現させる。


责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】