臨沂商業>ニュース>

貧乏脱却の麦わら帽子

5月21日に、タン城県勝利鎮の高大帽子製造工場で、貧困扶助指導者の楊淑群(左)はネット中継で企業「麦わら帽子」を売っていた。

夏になると、タン城県勝利鎮の高大帽子製造工場は忙しく各種の「麦わら帽子」を製造した。調査によると、製帽工場は勝利鎮の高大村の女性徐景雪によって1994年に創立された。彼女は当地で生産された麦わら、トウモロコシわら、水稲わらなどのわらを利用して、消毒や染色などのプロセスを通じて、各種の綺麗な帽子を作り出した。国内外で人気がある。



责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】