臨沂商業>ニュース>

魯南経済圏は地区総生産額が14515.9億元を実現した

中国臨沂網掲載 5月13日の午前に、魯南経済圏一体化発展推し進め会議は臨沂市で開催され、昨年の仕事を総括し、次の仕事を手配し、緊密な交流と協力を行い、共に大計を発展させ、魯南経済圏の一体化発展を推し進め、新たな階段を上る。

会議で、魯南経済圏農村振興一体化発展シリーズの活動の開始式を行い、関連協議文書に調印した、『魯南経済圏一体化発展に関わる2021年仕事要点」を審議し、魯南経済圏の一体化発展に関わる活動状況を聴取した。


魯南経済圏一体化発展推し進め会議で、四つの都市の市長たちは協力協議に調印した。

2020年に、魯南経済圏は地区総生産額が14515.9億元を実現した。軌道交通網、高速道路網、空港建設などの都市交通施設の建設が着実に進められている。17つの重要な観光区、67個の観光地は四つ都市の共通を実現した。

高速列車は沂蒙大地を走る。

写真は董星辰によって撮影された。

聞くところによると、魯南経済圏の一体化発展を加速するのは、山東省政府が山東の実際に着目し、国家戦略に応じて、新時代の現代化強省を建設する戦略的な方策である。

初夏の沂蒙の大地で、生気が満ちています。

一年以来に、臨沂市は真剣に都市の責任に担当し、棗庄、済寧、荷沢の三つの兄弟都市とともに、省政府の配置を徹底し、「農村振興先行区の建設、モデルチェンジ発展の新高地、淮河流域の経済発展帯、全省の高品質発展の新しいエンジンを育成する」という目標を巡って、「協力ウィンウィン、共同で前進する」という理念に基づいて、ドッキング・

コミュニケーションを強化し、実務的な協力を繰り広げ、互いにエネルギーを賦与し、団結に発展する。魯南経済圏一体化の発展は初めて効果があり、順調にスタートした。


责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】