臨沂文化>ニュース>

第十一回臨沂沂州海棠文化観光祭りは開幕した

中国臨沂網3月29日掲載 3月27日の午前、「海棠が赤い 沂蒙情」をテーマにした第十一回臨沂「市花」沂州海棠文化観光祭りが河東区湯河鎮中華海棠園で開幕した。イベントが4月5日まで続く。

開幕式には、省、市、区の各界の指導者たちが出席した。臨沂歌曲芸術協会は観光客のために心を込めて、素晴らしい歌や踊りや戯曲や朗読や漫才やマジックなどの番組を準備してあげた。

中華海棠園はそれぞれな海棠の花が咲き競って、花の海のように綺麗で、香りも心に染み込み、多くの観光客を引きつけた。

今回の海棠文化観光祭りに、臨沂名家書画展覧会、「農村振興、貧困脱却」成果展覧会、盆栽展覧会、海棠派生品展示販売大会などの関わる大会も開催された。

花の海の中で、書道演出や現場絵画や柳琴芝居や盆栽の製作などの文化元素が海棠とぶつかり合って、果実酒や果物の砂糖や海棠茶などの美食の元素が海棠ととけ合った。

中華海棠園は300ムーの敷地を占め、良質な沂州海棠の花卉盆栽の育成と栽培と新品種の選定を主とする科学技術模範園であり、山東省ひいては全国の重要な海棠生産基地の一つであり、年に作られる沂州海棠の花卉盆栽が2000万株、37個の品種で、韓国、米国などの地域に販売され、国外で大人気があり、年に売上が1.8億元を超えた。


责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】