臨沂文化>ニュース>

「中日韓対接協力発展山東行」が開催


  山東省政府新聞弁公室の記者会見によると、「中日韓対接協力発展山東行」イベントは4月24日から26日に済南、泰安、済寧で開催される予定。同イベントは中国人民対外友好協会、山東省人民政府により共同主催され、山東省人民政府外事弁公室、山東省発展改革委員会、山東省商務庁により実行される。

  山東省外事弁公室党組書記、主任の蔡先金氏は記者会見で同イベントはオンライン・オフライン融合の形を採用すると述べた。省内はオフラインの会議を主として、会議の規模は500人近く、うち、外国人は160人以上、主に日・韓系中国駐在企業の管理者、地方政府代表処の担当者、経済貿易機構、メディア、日・韓中国駐在大使館・領事館代表などが含まれる。中国側の参加者は主に省関係機関、16都市政府及び関係機関、省内重点園区、企業代表、大学シンクタンクなどの300人が含まれる。オンラインで日本、韓国海外会場が設定され、イベントのライブを行い、参加する会社は1000社ぐらいに達する予定。

  その前のドッキング・商談を経て、イベント期間、山東曲阜に位置する全国対外友好協会「中外青少年交流基地」の除幕式は行われる計画。また、会議で、大学シンクタンク、トランジスタープロジェクト、高速道路特色サービスエリア、国際友好都市などのプロジェクトは調印される予定。

  中日韓対接協力発展山東行イベントは国内・国外の情勢を基づき、重要な意義がり、テーマの鮮明、成果の豊かなイベントで、山東が対外開放の新高地の作り上げに新たな活力を注ぎ、山東と日本・韓国の交流・協力を推進する。

  中国山東網


    责任编辑:徐珍

    分かち合う: 0
    关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】