臨沂文化>現代化教育>

臨沂大学は時間をずらして、学生に登校させるように

中国臨沂網3月2日掲載 山東省教育庁の『山東省で2021年春季入学に関する仕事をよくすることに関する通知』と上級の関連要求に基づき、学校の実際情況と結びつけて、臨沂大学は間違った時期に時間をずらして、学生に登校させるように手配した。

臨沂大学の学生は3月3日から続々とキャンパスに戻っており、3月8日には全面的に新学期がスタートする予定だ。大学は既定の学年暦と授業の進度に合わせて通常通りに新学期をスタートし、授業を開始する。健康モニタリングとPCR検査の要求を踏まえ、学生の校内での統一的なPCR検査を可能な限り実施し、人の流動や密集を減らすとしている。


责任编辑:

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】