今日臨沂>臨沂ニュース>

第十七回臨沂書聖文化祭りは25万人引きつけた

中国臨沂網10月9日掲載 10月8日の午後に、臨沂市政府新聞事務室によって開催された第十七回臨沂書聖文化祭り閉幕式の記者会見によると、9月5日に開幕した第十七回臨沂書聖文化祭りは10月7日に閉幕し、33日間にわたり、書聖を敬う儀式と芸術展覧会と学術論壇と博覧取り引き大会と文化体験についた五つ類別の27個の活動を含めて、見学に来た25万人を引きつけたということだ。

臨沂は書聖の王羲之の故郷で、2003年に第一回臨沂書聖文化祭りが開催されて以来、今まで17回も開催され、「書聖故里」と「中国書道名城」の都市文化ブランドをつくった。王羲之の誕生日の1716周年を記念して、中華の優れる伝統文化を伝承して発揚するために、今年9月4日から10月7日まで第17回臨沂書聖文化祭りが開催された。今回の臨沂書聖文化祭りは9月4日に開幕して,主会場が書道広場に設けられた。

第17回臨沂書聖文化祭りには、前回の沂蒙の特色を持つ書聖文化祭りに引き続き、『中国書画』の雑誌社の専門的な影響力に頼り、書聖に対して敬礼式、ハイエンド展覧会、学術フォーラム、博覧取り引き、文化体験などの主会場活動が開催され、書聖文化祭りの文化レベルと専門レベルを高め、臨沂書道ハイエンドブランドを作り上げ、書聖文化りの全国における影響を強めた。


第17回臨沂書聖文化祭りは中国共産党山東省宣伝部、山東省文化と観光局と、山東省文学芸術界聯合会、中国共産党臨沂市委員、臨沂市人民政府によって主催された。


责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】