今日臨沂>臨沂ニュース>

のべ14.7万人の学生達は高校入試の会場に入って


中国臨沂網7月15日掲載  大学入試の終わりと伴って、高校入試が始まる。7月15日から17日まで、臨沂市の2020年高校入試は行われる。今年に、のべ14.7万人の学生達は高校入試の会場に入って、中学校の生活を終わる同時に、新しい勉強を始める。臨沂市で、12ヵ所の試験エリア、4951ヵ所の試験会場が設けられている。

新型コロナ情況の影響で、今年の中学校入試は一ヶ月間延期された。蘭山区教育局は『中学校入試に参加する受験生及び保護者への手紙』で、「7月に高温の天気が多いので、保護者たちは受験生のために、よく試験前の暑さを防ぐと温度を下げる対策をするべきだ。」と注意した。また、入試期間での雷雨などの極端な天気を排除せず、保護者たちは雨具を用意して、途中の大雨や雷雨の天気にも対応しなければならない。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】