今日臨沂>臨沂ニュース>

一週間も全市の映画館の収入が467902.59元に達した


中国臨沂網7月31日掲載 7月20日に、臨沂市の映画館は整然と営業を回復した。映画館が一週間も仕事を再開して以来、喜びと嘆きがある。7月27日までに、全市の51社の映画館の中で、すでに35社開放して、観衆が累計23498人、収入が467902.59元に達した。臨沂大学の教授の朱建成によると、疫病防止の状況がますます良くなるにつれて、文化産業の市場需要はより強くなり、映画市場も巨大な成長空間を迎えている。

国家映画局は16日に、『疫病防御の常態化のもとで、秩序があり、映画館の再開を進める通知』は発表した。この通知によると、低いリスク地域では、映画館は予防措置を効果的に実行した上で、7月20日に営業を再開することができるということだ。中高リスク地域では、しばらく営業ができない。臨沂市の各映画館は通知を受けてから、積極的に営業再開に準備していた。


责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】