今日臨沂>臨沂ニュース>

第三回山東食糧・油産業博覧会は閉幕し 契約額が63億元


10月13日に、第三回山東食糧・油産業博覧会は臨沂国際博覧センターで円満に閉幕した。現場で、55個のプロジェクトに調印して、契約額が63億元に達した。



聞くところによると、第三回山東食糧・油産業博覧会は出展企業が327社で、食糧・油製品が1000種以上で、見学人数が6200人余りに達し、現場で55個のプロジェクトに調印し、契約額が63億元に達した。今回の博覧会は初めてオンラインで生放送を開通した。生放送を見る人数がのべ14.5万人に達した。

第三回山東食糧・油産業博覧会に、ピーナッツ油や小麦粉や餃子や麺や煎餅やパンなどの食卓の上の美食は博覧会の展示台に並ばれた。これは全省各地からの見学者たちに食糧・油産業の発展変化、品質の向上、包装の違い、加工の精密化などを感じさせた。

今回の山東食糧・油産業博覧会は「新起点、大戦略、強いキャリア、発展促進」を主題として、さらに山東省の食糧・油ブランドの知名度と影響力を広めることを目指した。上半期に、全省の食糧産業は1953億元の販売収入を実現し、前年比9.1%増となった。 

责任编辑:

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】