今日臨沂>臨沂ニュース>

冬が来て、温泉も伝統的なシーズンを迎えた


中国臨沂網11月26日掲載 冬が来て、温泉も伝統的なシーズンを迎えた。山東観唐温泉リゾートの副総経理の李玉国は「観光客も増え、週末の毎日に観光客が千人以上に達した。」と言った。温泉に入る観光客は主に臨沂の各県と山東省内の他の地市から来る。省内の観光客は主に日照、済寧、青島などの地市から来る。

冬の観光特徴によって、部分の温泉観光区は室内のウォーターパークをアップグレードして改造し、楽園の頂部をガラスに変えて、もっと良い採光ができて、室内の温度が25度から30度の間で快適で、保護者が子供を連れて遊ぶのに適している。その他に、冬季の気候の特色と養生の需要によって、温泉の水を改善し、温泉の池によって、それぞれショウガやヨモギやサンショウを増やし、もっと良く湿気と寒さを取り除く。


责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】