臨沂開放>ニュース>

毎週に4便  臨沂から大阪まで航空線路は開通し


中国臨沂網12月11日掲載 12月10日に、臨沂国際空港は長沙-臨沂--日本(大阪)国際航空線が開通した。同時に、臨沂から韓国(インチョン)、タイ(バンコク)、ミャンマー(マンダレー)飛行機も同日に飛んだ。10日は、臨沂空港が運営以来に、国際便の一番に多い一日間である。

聞くところによると、長沙--臨沂--日本(大阪)の国際便は奥凱航空によって運航され、飛行機の番号がB737-800で、毎週に4便で、それぞれ火曜日、木曜日、土曜日、日曜日である。

お客様は電話(9600777)をかけ、臨沂空港の公式サイト(http://www.lyairport.net)を登録し、切符を予約することが出来ます。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】