王 羲之(303年―361年)は字が逸少で、出身地が琅邪郡(現在の山東省臨沂市)で、後に山陰(現在の浙江紹興)へ転居し、中国の歴史で最も有名な書道家で、「書聖」と呼ばれるている。王羲之の作品には、行書の『蘭亭序』や楷書の『黄庭経』、「楽毅論」や草書の『十七帖』などの作品が最も有名である。2003年の王羲之の誕生日の1700周年に際して、臨沂市政府は第一回中国臨沂書聖文化祭りを行った。それ以来、毎年の9月に臨沂市政府は書聖文化祭りを開催する。「書聖故郷 魅力のある臨沂」という文化ブランドはもう全国および世界で有名になっている。一覧へ
    一覧へ
    一覧へ

    第十三回中国臨沂書聖 ...

    第十二回中国臨沂書聖 ...

    第十一回中国臨沂書聖 ...

    第十回中国臨沂書聖文 ...

    第九回中国臨沂書聖文 ...


    第八回中国臨沂書聖文 ...

    第七回中国臨沂書聖文 ...

    第六回中国臨沂書聖文 ...

    第五回中国臨沂書聖文 ...

    第四回中国臨沂書聖文 ...

    第三回臨沂書聖文化祭り

    第二回臨沂書聖文化祭り

    第一回臨沂書聖文化祭り
    一覧へ


    王羲之の旧居


    洗硯池


    ガチョウ池


    蘭亭石壁


    折れ曲がった水の流れに杯を流 ...


    琅琊(ロンヤー)書院

    一覧へ

    『蘭亭序』

    『快雪時晴帖』

    『十七帖』

    『黄庭経』

    『姨母帖』

    一覧へ
    一覧へ